読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空間

好きなように話させてよ

ジャニーズ楽曲大賞2015に投票しました

年始の恒例行事、楽曲大賞です!
去年は投票し忘れたようですが、今年は忘れず投票したよ!あれこれ書きながらここに残しておきたいと思います。



楽曲部門1位 「YOLO moment」 中山優馬
コメント 今年一のハッピーソング。朝一番に選ぶ曲は大抵YOLO momentでした。ゆうまくんの持つあたたかさと強さで彼の生きてきた日々が歌われているような気さえします。楽しく生きることを歌っていますが、どこか悲しみを捻じ伏せている切なさもあるのではないでしょうか。 それでも体も心も踊るとにかくハッピーな、そして私たちの毎日に力をくれる、そんな一曲です。

追記
本当によく聴いた一曲です。視覚的な面でも、ジュニアをうしろにつけて各音楽番組に出るゆうまくんが素晴らしかった思い出がある。とにかく楽しく生きる、楽しく生きたい、いこうよ、ハッピーでしょ、ってハッピーの押し売りしている曲なんだけれど、歌い手がゆうまくんだからかいやらしくないし、それどころか彼の抱えるほんの少しのさみしさにギュってなる。ラジオで自分の発言によく笑うゆうまくんの、楽しそうな声を聞きながらいつもわたしは仲間のことを考えてしまうのだなあと思った。



楽曲部門2位 「White Love Story」 NEWS
コメント 愛だらけのNEWSが好きで、この一曲を選びました。まさかのウエディングソングなのに、NEWSとファンの関係に落とし込もうとする彼らの甘さがすごい。どこまでも透明感を失わず、おとぎ話の王子様であり続けてくれるところが、とても四人らしいと思います。

追記
とんだテゴシゲソングだな!!!
まあ、ツアーの演出は凝っていなかったのでそこに賛否はあると思うのですが、4人でくっついて階段に座って歌う、というシンプル極まりないスタイルをこなせるのはNEWSしかいないような気さえしてきた今日この頃。楽曲大賞なので、あまり演出は加味せず2位に選びました。とんだテゴシゲソングです。



楽曲部門3位 「この手をつなごう」 Sexy Zone
コメント いつでも必ず君を見てるよ/誰もが一つしかない星なんだ/夢に向かうはじまりのために 初めて名前をもらったグループで与えてもらった曲がこんなにも少年性とアイドル性を持っている曲であることが最高にエモい。舞台の上で輝く星はどれも同じではなく、そして皆それぞれに夢を見ている。この曲は彼らの一歩を祝福するようであり、仲間の儚さをそっと示唆しているようでもありました。さすが、馬飼野松井楽曲です。

追記
思い出した、2014年の楽曲大賞でも未音源に選んだのでした。それくらい思い入れがある。思い入れがありすぎる。しかし、悲しいかな2014年の彼らと2015年の彼らでは置かれている状況が全く異なるのだね。すると楽曲自体から、切なさやさみしさ、儚さが滲み出てきてしまって止まらない。紛れもなく「はじまり」を意識したレビューを書いていた去年が懐かしい。きらめきのなかで誤魔化しきれなかった揺らぎが、ありありと見える。
この曲を書いてくれた馬飼野・松井コンビの深さを感じるばかりです。

2014レビューより
「この手をつなごう」Sexy Boyz・Sexy 松

いつでも かならず 君を見てるよ
涙は 僕らを結ぶ星なんだ
夢に向かう 始まりのために
さぁこの手をつなごう

この歌詞が大好きなのだ
これを歌いながら六人で手をつなぐ姿が、手を叩き合う姿が、とても好き。たとえつらくて泣いたとしても、その涙はきっと未来になる、そう信じていて欲しい。そしてその涙が仲間の中で意味のあるものになって欲しい。誰かの涙が、本人たった一人のための何かではなくて「僕ら」に通じるんだ、仲間だもの。
いつでもかならず君を見ているよというのはファンかもしれないし仲間内かもしれないしまわりの大人かもしれない、分からないけど、この歌詞が少年たちの唇からこぼれているという事実を過大解釈していろいろ託してごめんね。
さあ、始まりのために。

楽曲部門4位 「Wait for You」 V6
コメント 20周年を迎えたV6がまだまだ上を見ているのだという、高らかな宣誓のように思えて慄きました。あなたのことを待っているよ、一緒に行こうよ上へ、いつも一緒でしょう?とファンをさらに高みに連れて行こうとする姿は、ここまで連れて来てくれたファンや仲間への感謝と重なり、胸がいっぱいになりました。やさしいね、V6。

追記
はじめて連れて行ってもらったV6のコンサート、それもメモリアルなコンサート。エモいコンサート大好き芸人はこの楽曲をファンに向けて歌うV6が最高だなと思いました。十分地位もあって人気もあって、この世界の上にいる人たちのように思えるのに、彼らはまたその上を見ていて、そしてここにいるファンのみんなを手放す気もない。みんなまとめて連れて行きたい、上へ上へ。すごいなあ、ほんとうに。という曲です。夢の中にいるみたいな音圧が気持ち良い。



楽曲部門5位 「愛が止まるまでは」 SMAP
コメント 近年のSMAP楽曲のお洒落度の増し具合がすごい。そして、一番上に君臨する彼らがそうやって新たな曲調を取り込み続けていることがアイドル界全体の推進力なのではないかなと思わざるを得ないです。愛が止まるまでは、きっとSMAPSMAPであり続ける。

追記
絵音すごいぞ、という2015っぽさを含めての「愛が止まるまでは」。アイドル曲を外注してもこれだけ歌いこなせるのだぞということを存分に表現しているSMAP先輩ですが、なんでもない瞬間にこれだけの楽曲をさりげなくリリースしてしまうところにも凄さがあるなあと思う。うらやましいという嫉妬もありながら、もちろん憧れもある。



次点は
「愛を叫べ」嵐
「山手線内回り」タッキー&翼
「キラリト」KAT-TUN(田口中丸)
「Sweet Martini」NEWS
ですね、5位はけっこう迷った。キラリトはドームにて瞬間で好きと思った。今となってはセンチメンタル。山手線は5月のあたらしい風を感じることも含め、滝つがこういうことをできるという感慨がある。シンプルに活動が続いていることにも、それも今までからは想像できないハピネスさを伴っていることにも。楽曲もクセになる。



MV部門 「KAGUYA」 NEWS
コメント このMV最高なので騙されたと思って観てください!!!何が最高って手越さんの顔の機微が最高です!!!!! 天下の蜷川実花が撮ったことで話題のMVでしたが、そもそも蜷川実花にオファー出したがっていたのが手越祐也で、そして蜷川実花に使えるカットが多すぎて悩ませるのも手越祐也です。親和性が高すぎる。本当に捨てカットがない最高のMVになりました。

追記
我ながらこのコメントひどいなと思うわけですが、本当にKAGUYAはすばらしいPVを加えて完全な形になる楽曲であった。最高だ〜〜〜。久々にこんな最高なPVに出会ったと思う。一瞬一瞬すべての顔が美しくて艶やかでかわいらしくてきれいでときめく。ただただときめく。この人はコンサートでしかしない、ファンの前でしか見せない顔を持っている人だけれど、このKAGUYAの中でしか見せない顔も持っている人だなと確信した。すごいもん見たぞ、という気にさせる。見てください。



未音源化部門 「この星のHIKARI」 SixTONES
コメント 楽曲大賞をあげたいくらいの名曲が生まれた...と少クラ初見で思った本当にいい曲。言葉にするのが野暮なくらい本能的にいい曲。かつジェシーと京本の組み合わせがボーカリストとして最高だと思っているので、声色やキーを考慮して彼らのために作られた楽曲で彼らの魅力が存分に発揮されているのが素晴らしい。この楽曲だけでも武器になるよ!

追記
これは本当にいい曲!本能的にいい曲!他になんと言ったらいいかむずかしいくらいいい曲!
きょもじぇしが最高で、しんちゃんのダンスも生き生きしているし、ジュリも顔ができているし。ほっくんもいい、楽しそう。ね。楽曲大賞です。YJの人たちの好きそうな曲です。
この曲と勢いを持ち合わせて駆け上がればそう遠くないのにと思うのだけれど、この曲で勢いはつくだろうか。2年前にこの曲を歌ったらデビューを勝手に確信していただろうなと思った。全力で背中を押していたにちがいない。いい曲なんだよなあ、いい曲だからなあ、いい曲なんだけどなあ。いい加減わたしは見て見ぬ振りをするのをやめたい。

次点で、「HiHiJET」「お兄ちゃんガチャ」



現場部門 Endless SHOCK 2015
コメント 2015年のSHOCKはいろいろありました。本当にいろいろありました。その度に思い入れを強くした現場です。個人的には応援していた少年がここに立つという思ってもみない展開を迎え、勝手に心配したり不安になったり忙しなく心を揺らしていましたが、本物のSHOCKの舞台に立つカイトの堂々さに感涙しました。この演目自体の素晴らしさも、カンパニーの素晴らしさも、何にも負けない最高のエンターテイメントだと思います。

追記
なんだかこの舞台の話をするのにいちJr.のファンの視点から書くのは、とか思ってしまったんだけど、その視点でしか書けないから仕方がなくこんな感じになってしまった。松倉くんのステップアップの一段としてカイトがあったことがわたしは本当にうれしい。その夢を見せてくれた松倉くんがほんとうにうれしい。大きな大きな一段だった。この世界は実力主義だろうけど、少なからず運も縁もあって、その全部を掴んであの舞台に立つ権利を手にいれた松倉くん。すごくしあわせな一年であった。堂々とやり切る姿を見て力も幸福も感動も、そのすべてをもらった。ありがとう。



コンビ部門 手越祐也加藤シゲアキ
コメント 今年も「てごしげ」を最高に楽しませていただきました!言わずもがなNEWSの末っ子同い年(4か月違いの11日生まれ)の二人ですが、自他共に認めるNEWSの「太陽と月」です。似て非なる、しかし似ているこのコンビが本当に面白い。長くなるので語り継がれるエピソードは割愛しますが、2015年は「シゲの漬けた梅干しを誰よりも待ち望む手越」を受けて言ったシゲの「手越のために梅干し漬けてるようなもの」が素晴らしかったです。そしてそんな手越の食べた形跡を確認してちょっと喜ぶ加藤シゲアキでした。

追記
これ、どれだけ書いてもレコメンドにしかならなくて、笑いながら書ききってしまった。てごしげは最高。てごしげは最高。あんまりこじつけて面白がりたくないタイプなので、勝手なシンメ萌えとか控えているんだけど、てごしげは向こうが提供してくるからね...。ナチュラルに生まれるおもしろさ...。



自担部門 松倉海斗

昨年は連名にしましたが、今年は一人だけとのことだったので松倉くん。少クラ等で見かけなくなり、映像資料が少なかったのがやっぱりさみしかったのですが、テレビ露出より現場という指標で見たらWhiteよりEndless SHOCKのほうが震えた。(大泣きしたんだけど。)少ないテレビ露出の中では、グリーンピースが嫌い王とかいうわけのわからない王様として細切れに出演させてもらえたりと、なぞの愛され方を見せてくれました。