読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空間

好きなように話させてよ

あっ、はじめましてKAT-TUNの旅

STAGE

わたし!めっちゃくちゃ忘れっぽいんで!!!
感想はまとめていかないと観劇した記憶さえ失われてしまうんですよね(悩みです)
積極的にまとめていきます、もうだいぶ昔のことのような5月の観劇記録第一弾。


KAT-TUN東京ドームおじゃましてきましたーーー!
KAT-TUN LIVE 2015 "quater" in TOKYO DOME 5/10の記録です。


すごくすごく念願だったので、うれしい。
はじめてのKAT-TUN、久しぶりの東京ドーム。


しっちゃかめっちゃかツイッターからガンガン引用していきたいと思います。




田口くんが最後に涙を見せるのがとても印象的でした。
どうしたんだろう、全然ストーリーを追ってきているわけではなかったので、開いたページで主人公が突然泣き始めちゃってわたしはすごく動揺しました。てごしくんが泣いた時はうんうん、そうね、いい涙ね、ってよしよししてあげられたんだけど。田口くんの涙はあまりにも唐突で。今まで笑った顔しか見たことがなかったから。でも、その純粋でまっすぐそうなところがいつもかわいいポイントなんだろうなあと思います。この涙の理由はいつかどこかで教えてもらえるかな。

市ヶ谷!(ってずっと言いたかった)

このキラリトっていう曲、すごくすてきですね。気に入りました。ほとんど予習をしていかなかったんですけど、ちなみにあとはじめて聴いて好きだなって思ったのはラビンユー。
KAT-TUNのダンスナンバーからさわやかなフレッシュ曲、ヤンキーからバラードまで振り幅が大きくて、そしてその見せ方がとても心地よくて、よかったです。

そして何より、照明の演出。KAT-TUNが東京ドームの使い方がうまいっていうのは聞いたことがあったのですごく楽しみにしていたんだけど、本当にうまい。たまたま席も2階スタンドのドセンで全体の演出が美しく見える位置だったのも相まって本当によく見えました。レーザーから特効からスポットの当て方......すごく空間がきれいに見える。なによりRAYはすごかった。花火、炎、レーザー、あそこまで使えるんだ。全然浮いていない。単純に血が騒ぐ。「楽しい」っていう気持ちがすごくシンプルに生まれる場所でした。また入れる機会があるならば、今回みたいに天井席に入りたいです。音を聞きながら光だけ見ていても幸せだなって思いたい。


見学ちゃんへの感想はいつもひどいですね、すいません。そういうサガなので。


私にとってのKAT-TUNはジュニアが歌う曲でした。ずっと。
はじめて生で聴いて、それが変わっていく様子は自分自身の発見としてとても面白かったです。

私はたぐちくんのことが好きなようです。かわいいから。いつも笑っているから。笑っている顔がかわいいから。かわいい人が好きです。

上田くんの吸ったたばこの吸い殻で火事が起きたり、ジャパネスクで和装EDMたくさん聞かせてもらったり、ジュニアを外周全て使って踊らせたり、メインステでもそれぞれいいポイント作ってくれたり、楽しかった〜〜〜!お勉強になりました。また伺いたいです。これくらいスッと天井のチケットが探せるのはいいですね、気軽に混ぜてほしいなあ。



以下、その後の少年倶楽部プレミアムの感想。