読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空間

好きなように話させてよ

Sexy Zone Summer Concert 2014 7/23 18:00〜に行ってきました

Jr. STAGE

Sexy Zoneさいたまスーパーアリーナ公演に行ってきたから感想をサクッと書く。


たのしかった。
これに尽きる。
たのしくない話はそもそもインターネットでするのは好ましくないなあと思うので極力しないようにしている。
読み返してたのしくないものをここに残すことはキラキラした気持ちを生まないからだ。
まあだから、今日もたのしかった話をしよう。


なにがたのしかったのかな〜って考えたときに
いっぱい人がいたことだなあって思った。結論はめっちゃシンプル。それだけの理由。
会いたい人にたくさん会えた。
「今日も会えたね、元気だった?」をひたすらステージに投げかけていた私。*1
ずっと会っていなかったあの子にもこの子にも再会できたことがとにかくうれしかった。


構成、曲云々よりも人だったなあと思う。*2



>>かげちゃん
かげちゃん、秩父宮以来だった。帝国劇場で確か一度見ているけれど、今日はとってもよく見えた。
やっぱりすきだなあと思った。でもほぼほぼ一目惚れなのでなかなかすきな理由にたどり着けない。
直感というものはおそろしいなあと思う。以下、かげちゃんのなにがすきなんだろうと考えた結果(結論は出てない)。

ミッキーマウスみたいなんだよね。かわいい。
はじめは大学生だと勝手に思い込んでいたかげちゃんなので、秩父宮の外周にいたのがかげちゃんという名の彼だったと知ったときは驚いたけど
まだまだかわいらしさがたくさんあって、やっぱり若いなあと。
センステのセットの脚を押さえながら、座り込んだまま煽っているところ、
すごく大変そうなのにたのしそうで、もっともっと踊っているところみたかったと思った。
逆サイではあったけれど、外周でも何度か会えてよかった。

>>かちゅき
帰ってきた君がそこにいるのが嘘のようだよ!と何度も唱えた。
こんな踊り方する子だった?!こんな笑い方する子だった?!驚きと戸惑いとうれしさ。
何見て踊ってるんだろうっていうなんともミステリアスでふわんふわんしていた視線と手先が
スッと音を立てて動くようになっていて
とてもとてもたのしそうだった。
見ていて心が満たされる踊りだったなあ。
踊り方が本当にすさまじく変わっていたからみんなに見てほしい。
一年で何が変わったんだろうか、なんだか霧が晴れたみたいだった。
何度も何度も見てしまったし、見たいと思わされたんだなあと思う。そしてまた見たい。

>>つぐさん
すきだ…顔…

>>よしたか
汗すごいね。
ターンで振りまくシャワーのような汗、すごく尊さを感じた。
たぶんこれから少クラとか見てしまったら、見方が変わってしまっていそうでこわい。
知らない方がよかった(いい意味で)。
だれだよお、ドーベルマンとか言ったのお…。

>>りんちゃん、さね
ずっとここにいてくれってエゴを振りかざしたくなる。

>>ぎじぐん、あらん、いわはしさん、りんねちゃん、ふうくん、たじい、しゅねとら、ねぎちゃん、いつつばちゃん…
今日もすきだよ〜今日もかっこ良かったよ〜うんうん。
言いたいことはそれぞれにそれぞれたくさんあるけど今日もすきだよ〜明日もすきでいさせてね〜に集約させてください〜

>>まつくらくん、げんげん、じんちゃん、れいあちゃん
あ、もうかっこよかったっす先輩。
すきっす。
どこが、とかじゃないよね…つま先からつむじまでかわいいなって…*3



久しぶりに会ってグッときた子から順に書いていった。思い返してもやっぱりうれしかったなあ、会えたこと。
うちわはもちろんまつくらくんの持ったんだけどね。


***


時間が経てば経つほど違う感想が出てきてしまいそうでこわいなあって
たのしかったと瞬発的に思ったことが正解だと信じ込みたい、思慮が浅かったとは思いたくない。
でもどの曲が、どのダンスが、っていうたのしかった瞬間の記憶がないからこわいんだよ。
なんとなくたのしかったけど、何年かして思い出す公演はこれではないなあという哀しさ。
本当は、もっと不安無くダンスを踊ってほしかったんだ。
誰とは言わないでおくけれど、いつも完璧な子の完璧を崩してしまうのはいやだ、それも時間的都合という大人の理由で。
フリの心配しながら、まちがえながら、悔しがりながら、舞台に立つのは本当はやめさせてあげたい。
一日に三公演も走らされて、きっと間の時間に睡眠とって休息してっていうギリギリだったんだろうなという心配も本当はしたくない。
またこういうのやりたいな、って本人たちも思えるコンサートを、私は欲しているのだなあと。
たのしかったけどね…


たのしかったけどね…

*1:やーきもちわるいとかいわないでーーー

*2:たのしかったかたのしくなかったかって結局個人の感想なんだなあとも思う、構成を求めるならたのしくないかもしれない、だれだれくんのダンスを求めたなら微妙だったかもしれない、そういうものに簡単に左右される

*3:やーきもちわるがらないでー