読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空間

好きなように話させてよ

2014年の手帳をトラベラーズノートにしてみた理由

年末にああだこうだ言いながら、次年度の手帳を迷っていました。
ネット上でもいろんな方にリサーチかけたりして、質問したりもして、ご親切に教えてくださった方はありがとうございました。(結局、口コミが一番信頼できたのでとても参考にさせてもらいました。)

それで、結局、2014年はトラベラーズノートで勝負しようと決めたので、それに至る経緯とか2週間使ってみた感想とか今後の決意とかそんなことを書きます。
ライフハック的ではないかも。


手元のトラベラーズノート
f:id:kieui4:20131231140211j:plain
上から
トラベラーズノート パスポートサイズ2014月間ブラウン(本体+マンスリーレフィル)3200円
004 ジッパー(パスポートサイズ)360円
003 無罫(パスポートサイズ)240円
011 連結バンド(パスポートサイズ)240円
です。全部で4040円也。


今回手帳を選ぶなかで、絶対条件として「毎年同じ形で保存できるもの」という条件がありました。今までは毎年の気分で手帳を買っていて、サイズがバラバラでした。それを並べてとっておいてあるんだけれど、いかんせん見栄えが悪いし、毎年書き方が変わるから振り返りにくい。だから、これから数年は同じ形式で続けてみたかったんです。
なので、毎年同じ形式で販売していて、手に入りやすいものの中でトラベラーズノート以外に考えたものと悩んだ理由を挙げます。


モレスキン
ほぼ日手帳
・EDIT
など。



モレスキンは最後まで悩んだんだけど、やめた理由はペンホルダーがないこと。トラベラーズノートもないんだけど、ゴムバンドが横向きについているので一応はさめる。モレスキンはゴムバンドが縦です。シール状になっているペンホルダーを後付で貼れるのも知っていたんだけど、それってモレスキンのあの四角い良さを消す気がしていやだったのでやめました。モレスキンは収納もないしね。(あと、とにかくお値段が張ります。)
星の王子様や、スヌーピーなんかともコラボレーションしていてかわいかったんだけどね。

ほぼ日は一日一ページの紙の重さが引っかかっていたのでやめました。持ち歩くなら、なるべく軽いのがいい。それから、書くことは好きだけど、一日一ページは続かなくなったときの「もったいない感」が大きいんじゃないかなあと思った。手帳とか日記とかブログとか書くのはすごく好きだけど、私の性根は「三日坊主」なので一度書かなくなると書けなくなっちゃうので。手帳として使うより、家に置いておいて日記にしたいかな…

EDITは毎年同じ形式で出ているけれどデザインが多すぎて、いちいち悩まなきゃいけないのがネックだったのでやめました。一度使ったことがあったし。


トラベラーズノートの利点は
・毎年同じレフィルを入れ替えるだけで使えること
・マンスリー、ウィークリー、無地ノート、罫線ノートなどなどを自分の使いやすいようにカスタマイズできること
・見た目
・ゴムバンドが横なのでペンが挟めること

一方、欠点は
・初期投資が高いこと
・レフィルを組み合わせるしくみが原始的(笑)であること
・革が色落ちするかもしれないこと
・ウィークリーが年間二冊になってしまうこと


トラベラーズノートは、レフィルを束ねて置く専用のファイルが出ていたので使わなくなったレフィルもをまとめて収納できるのはすごくいいと思いました。見返すのが楽になりそう。レフィルも種類が多くて、MDノート(ミドリが開発した書き心地重視のノート)のレフィルや、マンスリーにも日付の入ってるマンスリーと入っていないマンスリーがあったりしていつからでも使い始められるようになってます。

ほぼ日をやめた理由でも述べたように、重いのがいやだったので、その点でもトラベラーズノートはカスタマイズできるから魅力的。私は軽さ重視でマンスリーと無地の二冊のみだけれど、マンスリーとウィークリーと無地ノートを使いたい人は三冊綴じこめば使えるし。また、トラベラーズノートの主流はもうワンサイズ大きいレギュラーサイズ(航空券が入るサイズ)なのですが、大きさといい重さといい、私の考えているより大きかったので私はパスポートサイズを選びました。ちょっと大きなスマホ、くらいの感覚で持ち運べます。重さも軽い。今まで使っていたのよりはるかに小さいんですけど、書き込むのに難はないです。

f:id:kieui4:20131231140738j:plain

あとは、収納も自分で調整できます。追加で綴じこめるクラフトのポケットやクリアポケットも販売しているので。ちなみに私はクリアポケットを導入してみました(上に書いた、ジッパーというやつです)。ふせんとかシールとかを放り込んであります。

「見た目」は言わずもがなだよね。ミーハーなので。


欠点としては初期投資の高さを挙げましたが、私は上記のように初期投資に4040円使いました。一般的な手帳に比べたら高いけど、レフィルは数百円で買えることを考えると4年くらい使えば普通の手帳と変わんないかなと思います。モレスキンを毎年買い替える方がよっぽど高いよ。

また、トラベラーズノートではレフィルの連結はゴムで行います。ちょっと原始的。ゴムバンドがあるゆえの書きにくさとか手帳を閉じるゴムバンドの結び目が裏表紙にあって書きにくいとか小さな不便はいろいろあります。ここらへんのことは今回は書かないつもりですが、個人的な意見で言うと思ったよりは不便ではなかったです。

あと、私はマンスリーだけにしたので関係ないのですが、ウィークリーは6か月ずつの2冊セットなので、それがいやな人にはあまりトラベラーズノートは薦められないかなと思いました。かっちりビジネス用途っていう人にもあまり向かないかもしれません。


ここまで、トラベラーズノートのいいところ悪いところをつらつらと書いてきましたが、2週間使った感想としては、想像以上に良かったということです。
確かに、小さな不便はあるし、購入前はその不便を予想してすごくためらっていたんだけど、勇気出して買ってみてよかったなあと思いました。使っていて気になることは今のところありません(長く使えば出てくるかもしれませんが)。値段はやっぱり少しネックだけれど、それ以外の書きにくさは想像以下です。今年迷ったんだけどやめた、という人にも少し来年の参考にでもなればと思いブログを書きました。

見た目もシンプルで飽きなさそうなので、長いお付き合いになりそうな予感がします。
いつも使っているデルフォニクスのロルバーンちゃんのなんでも帳とトラベラーズノートの二冊を相棒にして一年頑張ろうと思います!
普段アイドルの話しかしないブログで突然手帳の話をしましたが、お付き合いくださりありがとうございましたー!

トラベラーズノート オフィシャルサイト