読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空間

好きなように話させてよ

彼らの船出

NEWS が昨年10月に山下智久(27) と錦戸亮(27)が脱退後、初めて4人でシン グルを発売することが12日、分かった。1年8カ月ぶりのシングル「 チャンカパーナ 」を 7月18日にリリースする。危機感で高まった結束力でピンチをチャンスに変え、再出発する新生NEWS。4人がこのほど都内で取材に応じ、グループの今後について語った。

「ようやくスタートが切れます。この日を待っていました」 加藤シゲアキ(24)の 言葉に、全員が力強くうなずいた。前作シング ル発売から1年8カ月。待ちに待った日があと1カ月に迫った。

昨年10月に山下がソロ活動、錦戸が関ジャ ニ∞活動専念のために脱退。メンバー全員で話し合った上で2人は脱退したが、当然ながら、 残されたメンバー4人は複雑な心境だった。

「自分の人生がどうなっていくんだろう。不 安もあったし、心配もあった」(小山慶一郎)「落ち込まないわけがないし、大変だけど、4 人で何だってできるんじゃないかと気持ちを切 り替えた」(加藤)「まったく不安はなかった です。(グループ活動を)やる気がない人を無理にとどめておくのは NEWS として、N O」(手越祐也)「6人で見ていた夢が壊れて 悔しい気持ちはあるけど、それを超えるぐらい のプラスの気持ちで、4人でやっていきたいと思いました」(増田貴久)。

メンバーの脱退に思うところは違っても、グ ループ愛は一致していた。「4人とも NEW Sが好き。終わらせたくない」(小山)。中 途半端な作品は出したくない。だからこそ、新曲準備に半年をかけた。

危機感が団結力を高めた。時間があいていれ ば食事に誘い合い、新曲について話し合った。 以前はスタッフの提案を受けて動いていたが、 メンバーからアイデアを提案した。手越は「これほど温めた曲はないです。少ない方が個性を出しやすい。4人の NEWSが6人のNEWSを超えればいいし、その自信はあります」と言い切った。

03年の結成時のメンバーは9人。時を経て 4人になったが、小山はこのメンバーでの存続を誓った。「オッサンになるまでやっていきますよ。これ以上、(人数が減るのは)許されないですから」。新生 NEWSの絆は揺るがない。
(ニッカンスポーツ)

このインタビューから一週間。オリコンの結果も出ましたね。
なんとKinKi、CHEMISTRY、KAT-TUNに続いて4組目のアルバム五作連続1位。売上も10万枚を越えたみたいで、たくさんの人が活動を待ってたんだよっていう思いが彼らにも伝わったかな。

チャンカパーナ詳細も出て、ソロ曲starry(こや)バンパイアはかく語りき(しげ)Peekaboo...(ます)Addict*1(てご)、となんと楽しみなタイトル!!とりあえず加藤さん呼び出しです。話し合いましょう。てごしさんぽさを入れつつの加藤といえばニーチェだろ!みたいなことですか!?哲学の方向で攻めていく予定なんですか!?と、問いただしたいことだらけです。*2

さて、最初に引用したスポーツ新聞の記事ですが。先日のアルバム発売の日、同時にシングルの公式発表もされ、会見の様子もレポートされましたね。多種メディアで取り上げられ、コメントもたくさん出ていたみたいですね。

ここで痛感したのは、これらのコメントが彼らのすべての言葉を表しているわけではないということ。記者さんや編集者によって多少のデフォルメや誇張をしてより面白く加工されてるわけですよね。雑誌もそのようですよね。テゴマスのらじおだったと思いますが、 僕呼びと俺呼びが書き換えられている時がある、と 言っていたような気がします。ファンとしてはそこ大事!!って主張したいんですけど。僕呼びか俺呼び*3かって結構大切なファクターだと思うんだけど。まあ そういうわけで、あのコメントが全てだとは思わないし、鵜呑みにしちゃあいけないとは思うけど、ある程度のキーワードを拾えば大体はどれが本人の言葉かってのは分かるものですよね。そこで私の考えたこと。

まっすーのまだ引きずっている、という言葉。 てごしさんがやる気ないやつに声かけてもしょうがないと言ったこと。 もしかしたら2人は2人でバランスを取ろうとそのコメントを出したのかもしれないし、これが素直な言葉なのかもしれない。このグループがいかに攻めていくかを伝えるためには、このワードが必要だとみんなで決めたのかもしれないし。でも、そのどれであったとしても彼らから出た言葉であるならば、私はものすごく嬉しいのには違いないのですが。どちらのコメントもファンに寄り添ってくれている気がするからです。私のなかにも同じ2つの感情が流れている。「まだまだ納得できない許せないやっぱり6人が好き」の一方で「4人が最善これからが楽しみ過去は過去」と。ファンにも同じで、まだまだ6人が好きで忘れられないというファンもいるでしょうし、4人でいいんだっていうファンもいるでしょう。そのどちらかを本人であるグループが排除することなく、自分達も両方の気持ちを持っていて、それでいいんだ、いつか時間が解決するかもしれないのだから、とやさしく寄り添ってくれている気がします。
まっすーが6人のあの空気を好きで好きで好きでいてくれたことは本当に嬉しくて、でも手越がこの4人で6人を越えるからと安心させてくれることも嬉しくて。どちらもNEWSなんだ、と思わせてくれました。

ちなみに、上から発言悪気はない系の彼が発した言葉はまさにその通りだと思います。(決して悪気がある訳じゃないんですよ!)本心からいえば私もそう思ってたんだ。ずっとずっと思ってたんだ。4人ならばスムーズに活動ができるのかもしれない、誰かが躊躇っているのかもしれない、仲良くないんじゃないか、アイソワライなんじゃないか、いつまで「さん」付けで呼ぶの*4、未だに格差がなくならないの、と疑問点はたくさんあったんですよね。嫌なこともあった。でもなによりNEWSが好きだったから、そういうマイナスな気持ちを覆い隠してくれるほど(自分でふたをしていたのもありますが)あの人たちが好きだったから、そういうことを表に出す機会はなかったけれど、こういう状況になってみて思うのは 「やる気のないやつがいるとグループは進んでいかない」 ってこと。グループは必ずしも同じ方向に同じベクトルで進んでいかねばならない、とは思いません。それじゃあ進めるのは前だけで、活動の幅は広がらないし楽しくない。でも逆ベクトルが1つでもあれば前に進む力は一気に減ってしまうと思うのです。前180゜分の開きはグループの幅を広げ大きくし活性化する。すべて同じ向きでなくても、見える星は同じだから。違う形でも「このグループでやっていきたい」という根元が一緒だったらいつまでも前に進めていたのに、と思います。今更どうこういうことでもないですし、私はこの結果に理不尽さは感じつつも納得していて、今はこの形がイチバン大好きなので言うことはないのですが、手越さんがこう言ってくれて改めて少しだけ考えた結果でした。
もともと少し語感のずれた手越さんですから、多少のミスやニュアンスで喋るところもあるでしょうから、今回のコメントに違和感を感じた人もいるでしょうが、私は真っ正面から捉えてみました。はい。
私の言いたいことをはっきり代弁していたくれてすっきりしたよ。てごちゃん。

とにかく四人がNEWSを好きでいてくれていること、もう減らないよって言ってくれたこと、それぞれの思いを聞けたこと、震えるほど嬉しかった。

チャンカパーナフルオンエアもされて、何度もリピートして聴き込んだので、次は歌番組かな。踊って歌う4人が早く見たいです。


*1:彼はTwitterのアカウントにもこのワードを使ってらっしゃった

*2:最近バンパイアブームですかね?

*3:僕呼び萌え

*4:脱退報道後もてごちゃんは「亮くん」呼び続けてて嬉しかった。